市川市の歯科医療法人ことほぎ会安藤歯科医院

0473703711

オンライン予約

当院のネット予約は新患患者様のみ受け付けております。
歯のクリーニングご希望の患者様はお電話にて受け付けしております。

定休日木・日・祝日
月・水9:30 - 13:00 / 14:30 - 20:30
火・金9:30 - 13:00 / 14:30 - 18:30
土曜日9:00 - 13:00 / 14:00 - 17:00

マウスピース矯正

Page Title

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、透明なマウスピース型の装置を口腔内に入れ、歯並びを直す矯正の方法です。このアライナーとも呼ばれる装置は、数十枚単位で用意され、理想の歯並びへ近づけるよう、少しずつ形を変えて作られています。
例えば歯を右に動かしたい場合、右に少し余裕を持たせ左をきつくすることで、歯を右側に動かします。また、歯に力を掛けやすくするために、歯の表面にアタッチメントというレジンの出っ張りを付けます。ここに力がかかることで歯が動く仕組みです。歯を一気に動かすのではなく、数十枚単位のマウスピースを付け替え、繰り返すことで理想の方向に導きます。
従来の矯正装置はとても人目につきやすいもので、審美面から矯正をあきらめてしまう方もいらっしゃいました。また固定式の装置が多く、清掃がしづらいため虫歯のリスクなどが生まれてしまうのもデメリットでした。
マウスピース矯正は透明なため目立ちにくく、アタッチメントも歯と同じ白色をしているため、審美的なデメリットをカバーしています。また、可撤式の装置であることから、歯磨きを行いやすく虫歯のリスクも格段に減っています。様々なメリットから、マウスピース矯正は現在、とても人気の矯正方法となっています。

マウスピース矯正の特徴

01 透明なため気づかれにくい

マウスピース矯正は透明なポリウレタン樹脂でできています。そのため遠くから見れば、そこにマウスピースがあるとはほとんど分かりません。また、歯についているレジンのアタッチメントも歯と同じ白色をしているため、気づかれにくいという特徴があります。会話の途中で思いっきり笑うことも抵抗なくできるでしょう。

02 可撤式の利点がいっぱい

マウスピース矯正の装置は、可撤式という外せるタイプになっています。1日20時間の装着が必要ですが、食事と歯磨きの時は外すことができます。味もしっかり分かり、清掃も行いやすいので、虫歯や歯周病のリスクも減らせます。

03 装置の交換があるためしっかり自己管理を

マウスピース矯正は、1枚で0.3mmから1 mm程度歯を動かします。歯が動くたびに新しく装置を付け替え、少しずつ動かしていくのがマウスピース矯正の特徴です。歯科医院から一度に数枚のマウスピースをお渡しし、付け替えの時期がきたらご自分で付け替える必要があります。

04 口腔内を傷つけたりする心配がない

従来の矯正装置は、金属部分で口の中を傷つけてしまう危険性がありました。対してマウスピースの表面は滑沢で、切り口もきちんと処理をされているため安全です。0.5 mmという厚みに、最初こそ違和感がある方もいらっしゃいますが、慣れてしまえばほとんど問題なく、会話にも支障はありません。

インビザラインのデメリット

  • 治療費が全額自己負担

    これはマウスピース矯正に限ったことではありませんが、矯正治療は特定の疾患を持つ方を除き、自費診療で全額自己負担になります。そのため保険診療より高額な治療費がかかります。

  • きちんと装着しないと効果が出ない

    マウスピース矯正は、数十枚のアライナーを付け替えて歯を動かします。この付け替えはご自分で行う必要があります。また、違和感やつけ忘れなどで装着しない時間があると歯を思い通りに動かすことができません。効果を出すためにはしっかりとした自己管理が必要となります。

  • 難しい症例には対応できないケースがある

    マウスピース矯正は、中等度までの歯列不正は治すことができます。しかし、大きくダイナミックに動かすことが苦手なため、著しく歯並びが悪い方には適応しないこともあります。また骨格性の上下顎前突など、顎の骨の形態から問題がある場合はマウスピース矯正だけでは対応できません。大人になってからこのような原因の歯列不正があると、外科手術が必要になります。

治療の流れ

  • Flow01

    カウンセリング

    患者さまの歯並びのお悩みや治療に関する疑問をお伺いし、マウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などの説明をさせていただきます。

  • Flow02

    精密検査

    治療を希望される場合は、精密検査に進み、矯正装置(アライナー)を作るために歯の型採りをします。

  • Flow03

    治療計画のご説明

    精密検査の結果をもとに治療計画を立て、その内容と治療期間、費用についてご説明をします。

  • Flow04

    矯正治療スタート

    作製された矯正装置(アライナー)を装着します。 アライナーの着脱方法、お手入れ方法、注意事項などを説明させていただきます。

  • Flow05

    経過チェック

    月一ペースでご来院いただきお口の状態、マウスピースの着用状態に問題がないか確認させていただきます。

  • Flow06

    治療終了

    規定のマウスピースを使い終えたら治療終了です。後戻りを防ぐため保定用マウスピースを作成し装着します。

費用

インビザライン ¥300,000~¥700,000
¥330,000~¥770,000(税込み)

よくある質問

Q

マウスピース矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?
A

口腔内の状況、歯科医師の考え方によって治療期間は異なりますが、成人の方ですと、多くは半年から2年程度の期間で終了すると考えられます。お子様の場合は、顎の成長がある期間(永久歯が生え揃うまでの期間)と歯列を治す期間の二つの期間に分けられるため、期間が長くなることもあります。
Q

治していない虫歯や歯周病がある時はどうすればよいですか?
A

基本的に矯正治療を行う前に、そのような口腔内の疾患の治療を行います。ただ著しく重度の歯周病などの場合は、矯正開始までに時間がかかることがあります。
Q

過去の矯正の後戻りや、成長に伴って変化した歯列の再矯正はできますか?
A

そのような再矯正にも対応しています。再び矯正しても後戻りしてしまわないように、きちんとしたカウンセリングの後、矯正を行います。
Q

マウスピース矯正は痛みが少ないというのは本当ですか?
A

従来の矯正方法よりも痛みや違和感が少ないと言われています。しかし個人差があるため、歯科医師と相談し、無理のない範囲を探りながら治療をすすめましょう。

pagetop

ご予約・お問い合わせはこちらから

0473703711

オンライン予約

当院のネット予約は新患患者様のみ受け付けております。
歯のクリーニングご希望の患者様はお電話にて受け付けしております。
※なお、ご予約の変更・キャンセルの場合はお早めにご連絡いただけますと幸いです。
※再診の方のご予約に関してましては、恐れ入りますが受付窓口かお電話にてお願い致します。