設備案内|市川市の歯科医療法人ことほぎ会安藤歯科医院

0473703711

オンライン予約

定休日木・日・祝日
月・水9:30 - 13:00 / 14:30 - 20:30
火・金9:30 - 13:00 / 14:30 - 18:30
土曜日9:00 - 13:00 / 14:00 - 17:00

設備案内

Equipment

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、医療用の顕微鏡のことです。肉眼の5~20倍に患部を拡大して見ることができるため、従来の検査では把握できなかった部分まで詳細に確認できます。
当院では主に根管治療においてマイクロスコープを使用しております。

マイクロスコープのメリット

1

正確かつ安全な治療

従来の治療では見えない部分の治療は医師の経験と勘に頼るしかありませんでしたが、このマイクロスコープを導入することで、患部を正確に捉えてより安全な治療を実現します。

2

病気のリスクを見逃さない

小さな虫歯や根管の内部までしっかり確認できるため、病気のリスクが早期に把握できます。

3

負担を軽減できる

細かい作業でも医師に負担がかかりにくく、また効率的に治療ができることで患者様への負担も少なくなります。

歯科用CT

歯科用CT

歯や骨、神経や血管の位置などの情報を立体的に捉えることができる、歯科専用のCTです。従来のレントゲンなどでは十分な情報が得られなかった部分までしっかりと確認できるため、より精度の高い診査・診断が可能になります。
主に歯周病治療、インプラント治療、根管治療などで使用しています。

歯科用CTのメリット

1

精度の高い治療

3D立体画像の撮影により、骨質・骨の高さ・骨の形状などの情報を得ることができるため、従来の検査よりも精度の高い治療を行うことができます。

2

短時間で済ませられる

短時間で撮影・診断することができるため、カウンセリング時にすぐに診断結果をお伝えすることができます。

3

放射線量の低減

歯科用CTは総合病院などにある医療用CTに比べ、撮影時の放射線量が大幅に抑えられています。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

顎骨が著しく減少している患者様のインプラント治療など、お口の中の堅い骨などを超音波で切る機械です。

骨を切削する場合、骨切削用のドリルを使用しますが、従来のドリル切削では様々なリスクや欠点が多いのも事実です。上顎洞挙上術では、骨を切削する際に洞粘膜を損傷する可能性があるため、手術自体非常に繊細な技術が必要とされ時間がかかっていました。 
また、ブロック骨移植術では切削する際にドリルの直径分の骨がロスしていました。 
そこで登場したのが、ピエゾサージェリーです。  

サージボーンは、Silfradent社(イタリア)が開発した、超音波振動によるピエゾサージェリー法(Piezo Surgery)を実施する手術用医療機器です。この機器は骨を対象とするあらゆる処置に適応できます。

ピエゾサージェリーのメリット

1

正確なコントロール

切削部分を正確にコントロールできるため、非常に精密な骨切り(Osteotomy)を可能にし、軟組織に損傷を与えず、手軽に安全に骨切削ができます。 

2

腫れ・出血が少ない

メスを入れるのではなく、超音波振動で骨を切ります。従来のドリルよりも炎症を抑えられ、傷口も小さく出血が少ないです。

3

短時間の治療

サージボーンを用いる事によって、外科的侵襲度の高い大きな外科処置を伴うサイナスリフトを行わないため、手術時間を短縮することができます。

DACユニバーサル(タービン用滅菌器)

DACユニバーサル(タービン用滅菌器)

当医院ではタービンやコントラなど口腔内の切削に使う器具をヨーロッパ基準で滅菌し患者さん毎に清潔な器具を使用しています。

BC-17滅菌器

BC-17滅菌器

あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌できる、ヨーロッパ基準で最も厳しい基準をクリアーした滅菌器です。当医院では患者さん毎にすべての基本器具を滅菌しています。

レーザー

レーザー

レーザーは歯周病の治療、色素沈着の除去、口内炎の治療の他に鎮痛、殺菌、消毒、止血処置などに利用します。
痛くて食事ができない口内炎などにも利用することができます。
歯周病の場合は、麻酔なしで腫れや膿を取ることができるため、当院では、保険の一環としてレーザー治療器を使用しています。

pagetop

ご予約・お問い合わせはこちらから

0473703711

オンライン予約